NHK大河ドラマ 光る君へ 第13話「文字があればこそ」(仮題名)  ドラマ展開・先読み解説 この記事は ドラマの行方を一部予測して お届けいたします 2024年3月31日放送予定

NHK大河ドラマ 光る君へ 第13話「文字があればこそ」(仮題名)  ドラマ展開・先読み解説  この記事は ドラマの行方を一部予測して お届けいたします 2024年3月31日放送予定

NHK大河ドラマ 光る君へ 第13話「文字があればこそ」(仮題名)  ドラマ展開・先読み解説 この記事は ドラマの行方を一部予測して お届けいたします 2024年3月31日放送予定

NHK大河ドラマ 
光る君へ 第13話「文字があればこそ」(仮題名)
ドラマ展開・先読み解説
この記事は ドラマの行方を一部予測して お届けいたします
2024年3月31日放送予定
(本放送ではあらすじ内容が変更している場合があります)

寛和の変により
花山天皇を出家させた藤原兼家は
孫の一条天皇を即位させ 摂政となった
そして自分の息子たちを次々と昇進させて
政権の中枢に置き 藤原氏の権勢はますます高まっていった

あの出来事から4年の歳月が流れた
永祚2年(990)正月
雪景色の内裏は 冷たい空気に満ちていた
雪の舞う中 一条天皇の元服の儀が進められていた

#NHK大河ドラマ #光る君へ #紫式部 #源氏物語 #藤原道長  #あらすじ解説

このチャンネルのメンバーになって特典にアクセスしてください:

動画カテゴリの最新記事